神戸の弁護士による家族信託・民事信託
藤井義継法律事務所。神戸の家族信託・民事信託

お問い合わせはお電話078-362-2411。受付時間は月〜金 9:00〜19:00/土 9:00〜12:00無料相談受付中

家族信託と他の制度のちがい

生前の財産管理制度としては、他に任意後見と成年後見があります。
任意後見と成年後見は両方共、裁判所の管理下におかれ、全財産が対象となります。自宅の売却や相続税対策ができません。成年後見では、(施設の費用を払っているだけの)専門職後見人に月2万~5万円の報酬を払わなければなりません。
家族信託は、対象財産を選択でき、財産の一部とすることも可能です。金融商品は現金化して預けることになります。
遺言は、死後の財産承継のみの制度で、家族信託でも、終了時の帰属権利者を定めることで遺言と同様の財産承継をすることができます。

遺言家族信託と他の制度

  遺言 家族信託 任意後見 成年後見
効力 死後 生前+死後 生前 生前
対象財産 選択可能 選択可能 全財産 全財産
財産管理 × 家族 家族か専門職 家族または専門職 高額(金融資産で1200万円以上)事案は専門職
財産管理報酬   なし、出してもよい なしかあり 専門職はあり
裁判所の監督   なし あり あり
自宅の売却 × 可能
節税 × 可能 × ×
遺言代用 可能 × ×

 

認知症対策、空き家対策におススメ!家族信託の無料相談受付中!
お電話078-362-2411まで。受付時間:月〜金 9:00〜19:00/土 9:00〜12:00. 無料相談予約はこちらから